歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

ホワイトニングを勧めてくれたオススメ歯科

私は大学の学生時代、歯が部分部分に壊死していると言われ、とある歯科で壊死している部分を削り、詰め物をしてもらいました。
それから歯は毎日3回磨いているので、虫歯になることがほとんどなく、歯科にもほとんど行きませんでした。

しかし数か月前に、大学時代に削ってつめたところが、数年たって欠けてしまったみたいで、歯に違和感を覚え、近くの歯科に行ってきました。
私が今住んでいるところはまだ引っ越して1年でしたので、どこの歯科が良いのかよく分かりませんでした。
そのため、インターネットの口コミ情報で調べて行きましたが、インターネットで調べた歯科は、建物が割と新しい作りで、先生も女医でとても親切で丁寧に治療をして頂けました。
その際に、大学時代詰め物をした部分が、黄色く変色していることを指摘され、ホワイトニングを勧められました。

詰め物は、年月が経つと酸化をしてしまうので、どうしても黄色くなってしまうらしく、私も詰め物部分が少し黄色いことにずっと悩んでいたので、それがきれいになるならとホワイトニングをお願いしました。
今まで言ったいくつかの歯科では、ホワイトニングのことなど全く言ってもらえませんでしたので、ホワイトニングという治療があること自体知りませんでした。
翌週にもう一度その歯科に行き、ホワイトニングをしてもらいましたが、黄色くなっていた部分だけではなく歯全体が白く磨きがかかって、とてもきれいな歯に仕上がりました。
私はきれいになった歯がとてもうれしかったので、また定期的に、ホワイトニングをしにオススメの歯科へ行きたいと思っています。

関連サイト