歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

歯科でのホワイトニング

私は、小さい頃から歯磨きが大嫌いでした。

しかし、母が歯磨きに厳しく女の子なんだからとか歯は一生ものなどと言われて毎晩面倒くさいなと思いながらしていました。
今、大人になってみて心から母に感謝しています。
虫歯もほとんどなく、歯並びも歯科で褒められるほどです。

しかし、私は年頃になり自分の歯が少々黄色いなと感じたのです。
そして自分でホワイトニングをしてくれるサロンを探しカウンセリングを受けました。
先生の話によると日本人は生まれつき歯が黄色っぽくなっているそうです。
また、日本人はあまり歯の色を気にしないというお話も聞きました。
確かに海外の方はみんな歯が白くて綺麗なイメージがありました。
それは、向こうでは歯がとてもビジネスや人との関係などでとても重要視されているからだそうです。
なので家で出来る歯のケア商品が豊富だし、幼いころから自分でするようにしつけられるのです。
すごいところでは、歯が白くないと雇ってもらえない会社もあるほどだとか。

正直そこまでと思いますが、歯が与える印象を大事にしているということなのだと思います。
私は、やはり外国の方のような白くて綺麗な歯に憧れているので少々値段はかかりますが、アメリカのNSAが開発したというホワイトニングを受けることになりました。
もっと簡単なのもあるのですが、これが一日でそして本当に綺麗に白くなるということでこれに決めました。

しかし歯というのは、毎日使っているのでまた黄ばみが出てくるそうです。
結局一番大事なのは毎日のケアだということに気づきました。

関連サイト