歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

歯科医院で行われているホワイトニングはアメリカが進んでいます

素敵な笑顔を手に入れる方法としては、ようやく一般的になってきた成人矯正の他にも、例えばホワイトにングがあります。
歯の表面をクリーニングや研磨をした後に、専用の薬剤と光線や熱の作用で変色歯や黄ばみの強い歯を白くする治療です。
歯科医院によっては、アメリカから薬品濃度の濃い製品を直接輸入している所もあります。
通常は主成分の過酸化尿素の濃度は10%ですが、16%〜30%のものを使用する事が出来ます。
知覚過敏の緩和剤には従来のフッ化ナトリウムに変わってリン酸カルシウムを使う事で、今までよりも痛みの緩和に効果が上がっています。
また、歯の色には個人差がありますので、歯科医院では、症例にあった薬品を選択し、オフィスブリーチングの様に強いレーザーを使ったりしませんから、しみたり神経を痛めたりすることも無く、ホームブリーチングで十分歯を白くする事が可能です。

現在、アメリカで行われているホワイトニングの80%以上がホームブリーチングで、この方法は、ハリウッド女優の大半がホームブリーチングをしている事からも実証されています。
また、魅力的な歯を手に入れるもう一つの方法として、再構築があります。
これは、従来の歯の治療であちこちに金属が見えている場合などに、天然歯の色調を再現できるセラミックスで再構築する方法です。
そして、インプラントです。
部分入れ歯は自分の歯に金属のバネで引っ掛けていますので、いかにも入れ歯をしている感じになってしまいます。
インプラントでは、この悩みから解放され、どれがインプラントなのか見分けが付かないほど自然で、しかも、入れ歯以上に強い力で硬いものが噛めるようになります。

関連サイト