歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

歯科でのホワイトニングなら真っ白になる

歯が白いというのは本当にいいですね。白くて綺麗に並んだはっていうのは、それだけで口元が華やかな印象になります。
今は、ドラッグストアでも、そういう歯磨き粉が売ってるので、自宅でもできるようにはなってきてます。

でも、案外その歯磨き粉は高いし、そんなに綺麗にならないっていうところがあるんですね。それならば、いっそのこと、歯科にいくほうがいいのかなって思います。
ホワイトニングをやり始めてる、歯医者さんも、最近は増えてきてるので、そういうところで、集中的にするほうがいいのかもしれません。多分保険はそんなにきかないから、結構費用はかかるかなって思います。
審美歯科に部類になってくるので、保険の適用はないですね。

このホワイトニングの方法もいろいろとあるみたいです。
歯が本当にも神経もぬいてしまってどうしようもないのなら、差し歯とかにしかならないでしょうね。どうsていも神経を抜いた歯っていうのは黒くなってしまいます。
私の前歯も1本そうしてもらってます。
そういうのではないのなら、マウスピースのようなものを作ってもらって、夜に装着して、歯を白くしていく方法もあるみたいです。
研磨してしまうと、歯の表面のエナメルが弱くなってしまうので、歯自体がもろくなっていきます。
そうなってしまうと、白くするとかの問題ではなくなってしまいますね。もっと健康的に白くならないといけないので、歯に液をしみこませるのはいい方法だと思います。

関連サイト