歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

歯科のホワイトニング 意外な盲点とは

歯科でホワイトニングをしてもらう時の意外な盲点

部屋の壁を塗り替えたりすることがあると思います。
汚くなってきたから行うこともありますし、気分転換に行うこともあるでしょう。汚くなってきた時に行うとき、どうしても、元の色がわからないことがあります。
そのために、汚くなった状態から逆算して色をぬることがあります。
スッキリしたと思った時、ある部分にポスターがあったのではがしました。
長く貼ってあったらしく、ポスターの下は壁の色が元のままでした。
すると、塗りなおしたところと、微妙な差が出てしまうことがあります。
どうしても統一したいのであれば、ポスターがあった部分についても塗り直すようにしなければいけません。特に問題がなければ、そのままでも良いこともあります。


歯科において行なってもらうものに、ホワイトニングがあります。
簡単にいえば、歯を白くしてもらうことになります。
白くしてもらいますが、決して白いものを上から塗るわけではありません。もともと持っていた白さを取り戻す作業をしてもらいます。
日頃食べたり飲んだりしているものによって、歯は色が付いているものです。
茶碗などに茶渋がつくことがありますが、同様のことが起こるのです。
茶渋も、方法によればとることができるでしょう。同様に、歯に関しても白くすることができるのです。
それには、特別な薬品を使います。
強いものを使いますが、医師が調整をしてくれますから、医師の指示にしたがっていればそれほど心配することなく、進めてもらうことができます。


問題としては、他の歯において、何らかの治療をしている場合です。
歯に被せ物をしている時、元の歯の色に合わせて行うことがあります。
色のついた状態です。
ここで、正常な歯を白くしてもらうと、この被せ物のものとの色の差が出てしまうことになります。
薬によってこちらは白くなりませんから、意外な所で問題が出てきてしまいます。
このような場合は、被せ物について、作りなおしてもらいます。
白くなった歯の色に合わせてもらいます。

関連サイト